香川大学農学部について

おはようございます。
最近更新してませんでしたね。
今日は香川大学農学部の魅力をお伝えするために書いています。

私の知る範囲内なので他にも魅力的な部分はあると思いますが、各自様々な情報を取り寄せてください。

まずなんといっても特徴的なこととして1学科4コース制をしている点があげられます。
これが意味することは何でしょうか?
農学部として入学すると全員が同じ学科に編属されます。

2年次後期から4つのコースのうち1つを選ぶ形式になります。
こうすることで入学前に専門分野に入る前に決めなければならない大学内の歩む道を1,2年次の専門科目を受けた後に選択することが可能になっています。
これは非常に良い点で、実際に私も高校生の頃は遺伝子工学をやりたいと思っていたのですが、いざ遺伝子の授業を受けると非常につまらなくなりました。
もし、入学試験時に学科を選択していれば、何の面白みもない遺伝子(私にとってです)を4年間学ぶ羽目になるところでした。

専門科目の初歩の時点で興味がわくものとわかないものははっきりとわかれやすいものです。
これが学生にとっては実際に授業を取りながら、自分たちの選択したいコースを選べるのでいいですね。

ちなみにコース間の人気は食品系と生産系が人気な模様。
遺伝子も大体定員いっぱいで、環境化学系を選ぶ人が少ない傾向にあります。(年によって若干違います)

ちなみにコースの選択も研究室の選択もGPAという学内平均成績の高いものから優先されるため、1,2年次の成績が高い方が研究室のわがままがききます。


また、学べることも特に2つが香川大学では強めです。
1つは希少糖関連の研究です。
希少糖は何森先生が発見された、自然界にほとんど存在していない糖の総称ですが、これらの糖が様々な生理作用を及ぼすためこの分野の研究が進められてます。
食品関係のコースに行くとほぼこれらに関連した課題研究を進めることになると思います。

2つ目は園芸分野です。
園芸というとざっくばらんですが、野菜、果樹、花卉等々の主食系の作物以外の栽培系統を園芸と総称します。
この園芸系研究室が非常に多く、大体野菜に二人、果物に3人、花卉に3人といったように多数の教授が在籍しています。

これらの希少糖や園芸分野に興味があれば、香川大学農学部に来ても後悔はしないはずです。
おわり。
(数年前の実情ですので、現在とは一部異なるところがあるかもしれないので、必ず、オープンキャンパスや収穫祭で先輩に聞きましょう。)

【WCS2019】サンルール・イベルグラードン

こんにちは。
twitterに画像あげただけだったので自分の記録がてらINCの使用構築を書いておきます。

最初に断っておきますが、最終レート1600程度
INC前3週間近くWCSレートに潜ってない机上論満載PTです。
きちんと練り上げられていませんので参考にはなりませんが、それでもかまわない方に見ていただけたら幸いです。
201811INC.jpg




今回のコンセプト
構築をつくる上でどういったことをするのかは重要な視点となります。
今回は、伝説ポケモンをいかに使いやすくするかに焦点をあてました。
WCSレート上ではディアルガ・カイオーガばかり使っていて、飽きてきていたのでグラードンを最初に採用しました。

グラードンを使用するうえでネックとなる部分は何かと考えました。
自分なりの答えとしては、断崖の剣の命中不安、特殊耐久の低さ、素早さの低さ、威嚇による戦力ダウンなどですね。

そこで命中不安要素である断崖の剣を採用しないことに決めました。
また、威嚇による戦力の低下を白いハーブを持たせることで解決してみようとしました。
断崖の剣は強力な技ですが、グラードンにはサブ技として使うことができなくもない、地震をタイプ一致で使えます。
そこで地震を通しやすいようにPT内に飛行・浮遊、テレパシーなどの無効で固めることを考えました。

まず伝説ポケモンですが、浮いているポケモンは、ホウオウ、ルギア、レックウザ、イベルタルですね。
この中でシナジーが一番ありそうなのはホウオウですね。
しかし、ホウオウを入れてしまうと途端に水の一貫が生まれてしまいます。
そこで不意打ちでスカーフカイオーガを弱くできるイベルタルを採用しました。
これについてはレックウザでも良いと思いますが、ガリョウテンセイの使えないレックウザは使う気がしなかったのでイベルタルとなりました。
ここでイベルタルまで物理にしてしまうと威嚇がささりすぎてしまいます。
そこでCSメインの特殊せっかちとして採用することとしました。
デスウィングは技の効果だけをみれば、強力ですが、物理型に比べ特防の高い伝説ポケモンへのダメージが低いことは留意すべき項目です。
そこでサブ技にバークアウトを入れることにしました。
範囲技かつC252ふりであるため、こちらの特殊防御を疑似的にあげることできるので、特殊防御に不安のあるグラードンのペアとして悪くはない選択だと思います。
最後に叩き落とすか不意打ちを入れて、守るを採用して終了ですが、この時点で、叩き落とすか不意打ちは確定できません。
他の4体が決まってから強い方にしましょう。もしかしたら追い風でもいいかもですが、それなら臆病個体となりますね。

この2体で一番きついポケモンは何かを考えました。
するとガオガエンが辛いことがわかりました。
そこでガオガエンに強く、グラードンが厳しいカミツルギにも強いポケモンを選定したところ
さみしがりギャラドスにたどり着きました。
威嚇をすることで相手のガオガエンに強く出て、なおかつどのPTにも入りやすいカミツルギに強いことは非常に使い勝手が良いコマになると思ってました。

グラードンの日照りとギャラドスの水技はアンチシナジーですが、そこは気にしないことにしました。
また、ギャラドスは飛行タイプでもあるため、地震を通しやすいです。
ここが第1の条件だったため(というかこれを満たせる威嚇ポケモンはギャラドスとボーマンダしかいない)

次にこの3体で辛いのは何かを考えました。
すると避雷針ライチュウが草結びを覚えているとすべてのポケモンに打点を持たれます。
飛行タイプを多く入れてしまったため、電気技の対策は急務でした。
地震を食らわず、電気に強いポケモンといえば霊獣ボルトロスとエモンガしかいませんね。
エモンガはどう考えても弱いと思ったので霊獣ボルトロスを選択しました。
また、ここまでのポケモンの素早さがあまり高くないため、スカーフを持たせて奇襲を仕掛けるポケモンとしました。


PTの4体決まり、大詰めです。
ここまででどの伝説ポケモンが辛いかを考えました。
するとまだ、カイオーガとゼルネアスが辛い(特にモロバレル+ゼルネアスの並び)と感じました。
(ちなみに4体の時点でカイオーガの並びはつらくないので、毒タイプかツンデツンデを入れるべきでした)
これらに強いポケモンは勿論ナットレイですね。
即採用されました。

これまではこだわり鉢巻きの火力で潰していくタイプのナットレイを使っていました。
しかし、PT全体でトリル耐性がないこと、追い風をいなしづらいことを考え、守る入りのナットレイとなりました。

最後の仕上げです。
ここまで採用されていることを見かけないポケモン(ギャラドスとボルトロス)が2体も入っています。
それならPTの見た目で面白く、強そうなポケモンがいないかなと思ったらヌケニンを発見しました。

ヌケニンはゼルネアス、カイオーガを完封できる最強のポケモンです。
サイドチェンジを使う動画をみて、使われても使っても強いと思い採用しました。
シザークロスは虫食いでもいいと思います。サンルールは木の実環境だったので。


ここまでできたら最後の仕上げです。
まず持ち物を決めていきましょう。
既に決まっている白いハーブグラードン、こだわりスカーフボルトロス以外の部分ですね。

イベルタルはビビりだまで誘いやすい威嚇でSをあげてゼルネアスの上から叩き落とすを使えるようにしました。
これは実際にWCSレートに当たった際の他のプレイヤーの模倣です。
そのユーザーはゼルネアスイベルタルを使っていたのですが、そこまでまねしてしまうと面白くないためグラードンにしました。

次にギャラドスです。
ギャラドスは色々と中途半端なポケモンであるため、命中率を底上げして採用しました。
かみ砕くはストーンエッジの方が広角レンズと相まって、晴れ下でも炎タイプをにらめられます。
ゆえにストーンエッジを採用すべきでした。
ちなみに大文字にすることでHD意地っ張り突撃チョッキカミツルギを天候なしで確定で倒せます。

ナットレイに関してはゴツゴツメットを持たせたかったのですが、BPが足りず持たせられませんでした。
しっかりと準備しておくべきところでした。
そもそもナットレイはPTの完成度を上げるために不要な存在であるため、構築の段階で他のポケモンに変えておくべきでした。

ヌケニンはきあいのタスキが余っていたので採用しました。


長々と書きましたが、このPTガオガエンに崩壊してます。
地面、格闘、岩、水のどれかまたは勝気負けん気でのカウンターなどガオガエンを出すことのデメリットを付与すべきでした。
ムーンルールはガオガエンとゼルネアスガチアンチになります。

おわり。

お花ガチャ

こんにちは。クリスマスも終わり、いよいよ年末ですね。

画像多そうなので全部続きにいれときます。

続きを読む

テーマ : フラワーナイトガール
ジャンル : オンラインゲーム

プロフィール

rat(黒いジャイ)

Author:rat(黒いジャイ)
ジャンルが多すぎるので、各カテゴリから適当にどうぞ。
筆者も全容を把握できていない節があります。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カレンダー
11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR