【ダブル】悩みの種ナットレイ【VGC2016】

こんばんはお久しぶりです。いつの間にか3月ですね。
週記どろこか月記となってますね。

今日はGSルールのナットレイについて。
12月~1月ごろのVGC2016ではトリルでのゲンシグラードンとクレセリアが流行っていました。
こちらはゲンシカイオーガを使っていたのですが、守るトリル、噴火、スキルスワップ(終わりの大地再発動+浮遊グラードン爆誕)で何度もやられていました。
そこで、これらの組み合わせに強いポケモンとして悩みの種ナットレイを採用してみました。

トリル下であれば、グラードンに悩みの種を先制して打てるため、終わりの大地の再発動を許さず、始まりの海を継続できます。
グラードンが攻撃してこようが横のHB控え目カイオーガの水技で1発で倒せます。
強いですね。

また、ドーブルが猛威をふるっていますが、悩みの種を味方にあてることで眠り状態の解除も可能です。
特性に依存しているポケモンが多いため、使える場面はまだまだあるかもしれませんね。


実際に使っていた個体
ナットレイ@ゴツゴツメット
生意気 H252 A228 D28
D11n あまりHA S0(最遅)個体
ジャイロボール タネ爆弾(ナットレイミラーと命中意識) 悩みの種 守る

実際のスペシャルレートに潜るとクレセグラードンはあまりおらず、いても重力、威張る神秘だったり、凍える風手助け系だったりと環境にあってなかった感じですね。
また、ナットレイが入っているとトリルを持っていても使用しないケースも多々あるのだと思います。(当たり前)

特にこのルールでは伝説2体、メガ1体で3枠とってしまい、一般枠は1匹だけとなりますが、トップメタのグラードンに抑えられやすく、カイオーガミラーではナットレイ同士もミラーしやすく同速ゲームになりやすいのが残念でした。
また、ガルーラにゴツメをあてに行きたいものの、相手にも交代が読まれやすいのもありました。
このルールでは受けだしではきついので対面で倒せるような攻撃的(伝説、メガ)か補助的な悪戯心系(一般枠)が当たり前ですが、強いですね。

戦績
最終レート1633
20勝13敗ぐらい。
プロフィール

黒いジャイ

Author:黒いジャイ
過去にマビノギをやっていたジャイアント。
ポケモンORASでトリプル、ダブル、ローテ、一部のスペシャルルールを主にやっています。
シングルはよくわからないです。
適当に各ルールのパーティなどを紹介する予定です。
最近LoLというオンラインゲームを始めました。

最新記事
最新コメント
Feedly(RSS)
follow us in feedly
最新トラックバック
カレンダー
02 | 2016/03 | 04
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR