心が叫びたがってるんだ。感想(アニメ映画版) ややネタバレ

心が叫びたがってるんだ。をdアニメストアで視聴しました。
ネタバレ含んでいますのでやや長めに空白を埋めておきます。

続きを読む

ひげを剃る。そして女子高生を拾う。3巻感想【ネタバレ注意】

こんにちは。
今回はひげを剃る。そして女子高生を拾う。3巻について感想を書きます。

まず3巻はWeb小説部分で更新が止まっている以降のことがかかれています。
原作を読んでいて、続きが気になる方はぜひ購入をお勧めします。


以下続きにネタバレ

続きを読む

君の膵臓をたべたい(コミック上下感想)

こんばんは。
今日は「君の膵臓を食べたい」のコミック版上下巻の感想について

名前から人食主義者のように思えますが、本作品にはそのような要素は入っていません。
高校生の二人がメインの物語です。

主人公は俗世を気にしないタイプで、他人がどう思おうが自分の興味を優先するタイプです。

膵臓をたべたいというのはヒロインです。
このヒロインは膵臓に重い病を患っております。
健康な臓器を摂取すると体の悪い部分が治ると信じられていたことを意味しながら発言します。

ヒロインは主人公と対照的に他の人間と関わることで自分の生を認識しています。
ひょんなことから主人公はヒロインが重い病であることを知り、共通の秘密を知る仲で仲良くなります。

この物語の肝は主人公が人とのありかた・生き方を模索することにあります。
上下2巻で終わるので気になった方はKindleで読みましょう。
上巻は現在(2019/2/20)で270円、下巻は540円ですので810円で買えます。

おわり。

アニメボールルームへようこそを見て、感じたこと。

こんばんは。
普段アニメの感想はあまり表に出さない主義だったのですが、24話を数日で見終える程度に夢中になれたので書いてみます。

どんなアニメか。
ボールルームとは競技ダンスのことをさします。
競技ダンスとは、男女でペアを組みいくつかあるダンスモーションから二人のペアが共同して作り上げていくスポーツみたいです。

主人公はどんな感じか。
主人公は典型的な自分の主張ができない草食系男子です。
良くも悪くも年齢相応の臆病さを持ち合わせています。
進路指導でも悩み続けている最中に、同じ中学生ダンサーの天才花岡しずくに出会います。(名前あってないかも)
そこで世界的ダンスプロのせんごくプロの踊りをDVDで目の当たりにして、その踊りに魅せられ、せんごくに憧れてプロを目指していくという感じです。

主人公はダンスのあり方、ペアの在り方で悩みます。
周りの人間は、あえて言葉ではペアの在り方を伝えません。
なぜならば、他人を理解するということは不可能であるということを競技ダンサーは身に染みているのです。
無理に理解しているつもりになるのではなく、自分と相手に向き合うという部分がこのスポーツの魅力なんだと思いました。

また、演出が非常に素晴らしいです。
10年前の私が見ると、過剰演出と批判していたと思いますが、これはあえて過剰に演出しているのだと思います。
他人を理解するというプロセスをダンスの動画ではなくイメージにするというアニメにおける芸術手法の一つに思えました。
(アニメも芸術も全然詳しくないです)

まあ、面白かったので暇な人は見てください。
おわり。

【マンガ】少女ペット感想

おはようございます。
今日はマンガの話でも。

私は週に2度程キンドルの無料ページを見て、適当に無料のマンガ1巻を確認して、マンガを買うか判断してます。
この少女ペットも確か1,2巻が無料だったので、続きが気になり購入しました。

1,2巻で登場人物が揃います。
3巻で物語の方向性が強く進みます。
4巻では主人公の都合のよさが浮き彫りに。
5巻では色々あって最終的には登場人物で救われるのは一人だけです。

5巻で終わらせるために駆け足でかかれたのかなと推測します。
主人公含め、ヒロインの心が壊れていく過程をもう1巻追加してしっかりと描写していれば、最高の作品になっていた気がします。
ちなみにグロ系含むので苦手な人は見ないほうがいいです。
僕も5巻みてちょっと気持ち悪くなりました。

それではまたね。

プロフィール

rat(黒いジャイ)

Author:rat(黒いジャイ)
ジャンルが多すぎるので、各カテゴリから適当にどうぞ。
筆者も全容を把握できていない節があります。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カレンダー
07 | 2019/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR