【ムーン】ルナオーガ反省会

INC中ですね。こんばんは。
今回は私が使用したPTを紹介します。
なお1600に行けなかったため非常に弱い構築でした。
どういう意図でこのPTにしたのか記憶に留めるために記事にします。



2019moon.jpg

カイオーガ@水Z
冷静 H244 B100 C164 (S個体値9)
206-x-123-210-160-89
潮吹き 根源の波動 冷凍ビーム 守る

ルナアーラ@霊半減実(カシブのみ)
控えめ H196 B28 C180 D100 s4
237-x-113-198-140-118
シャドーレイ サイコショック 守る トリックルーム 

カプ・コケコ@命の玉
意地っ張りAS
145-183-105-x-96-182
ワイルドボルト とんぼ返り ブレイブバード 守る

ペリッパー@きあいのタスキ
控えめHC d4
167-63-120-161-91-85
暴風 熱湯 雨乞い 守る

ガオガエン@半分実(フィラのみ)
勇敢HD H236 A36 b4 C4 D228
200-154-111-101-139-58
フレアドライブ とんぼがえり バークアウト 横取り

ドーブル@スカーフ
臆病HS d4
変身 このゆびとまれ 置き土産 すりかえ


構築順
ルナアーラのムーンライトブラスター強いなと数戦しかしていないムーンルールから考えた。
サンルールではグラードンを使ったので次はカイオーガにしました。
元々は喰い断氏のルナアーラシルヴァディの追い風+大爆発を両立できるシルヴァディから考えてましたが、どう考えても相手のルナアーラが辛いので止めました。

ルナアーラであれば、追い風やトリックルームのS操作があり、どちらも対処を誤ると苦戦を強いれることが強みです。
そこでPGLを見ると追い風の方が採用率が高かったため、読まれづらいトリックルームを軸にしました。

一般ポケモンはそれぞれに選択理由はあります。
カプ・コケコ 眠りによるトリックルーム妨害及び飛行や水ににらみを利かせるポケモン。
全体的に特殊寄りのPTになってしまったため物理にしました。
ブレイブバードがあったため、アマージョやモロバレルには強かったです。
小回り重視で命の玉にしましたが、火力の足りないポケモンなのでちょうどよかったです。

ペリッパー
対天候メタとしてカイオーガを通すために採用。
採用したものの、雨メタのポケモンに強くなく、天候ポケモンもグラードンに3回当たった程度だった。
ゆえにPTの1枠を潰し勝率を下げた要因。

ガオガエン
威嚇とねこだましをもち、フェアリーが等倍で相手のガオガエンに弱くはないポケモンといえばガオガエンですね。
今回は草を燃やす役割としてフレアドライブ、相手のルナアーラを削る手段としてバークアウト、威嚇の再利用としてとんぼがえり、猫だましの代わりに相手の補助技をパクれるよこどりとしました。
猫だましがないために負けた試合が何度かあったためねこだましが正解だったようです。

ドーブル
ルナアーラやカイオーガを動かすために採用されたポケモン。
相手にこの指系統がいない場合、モロバレルやツンデツンデにこだわりスカーフをプレゼントする役割も担っていた。
ツボラッキー相手にラッキーにこだわりスカーフをプレゼントした動きが一番強かった。
ドーブルの相方はゼルネアスがやはり強そうですね。


改善案
ルナアーラ→ゼルネアス@パワフルハーブ

カイオーガ個体変更控えめCSベース
冷凍ビーム→かみなり

ペリッパー→草枠アマージョorチョッキカミツルギ

ドーブルこだわりスカーフ→気合の襷
すりかえ→ねこだましorよこどり

ガオガエン
よこどり→ねこだまし
バークアウト→叩き落とす・DDでも可
格闘技は恐らく不要。

カプ・コケコ→控えめスカーフCS
雷 ボルトチェンジ マジカルシャイン エレキネットor10万ボルト

このぐらい変えたら多分マシになると思いました。
ムーンで結果が振るわなかった方はウルトラに切り替えましょう!

対戦回数18回ぐらい
最高レート1595ぐらい
最終レート1545ぐらい
おわり

テーマ : ポケットモンスター ウルトラサン・ウルトラムーン
ジャンル : ゲーム

【WCS2019】サンルール・イベルグラードン

こんにちは。
twitterに画像あげただけだったので自分の記録がてらINCの使用構築を書いておきます。

最初に断っておきますが、最終レート1600程度
INC前3週間近くWCSレートに潜ってない机上論満載PTです。
きちんと練り上げられていませんので参考にはなりませんが、それでもかまわない方に見ていただけたら幸いです。
201811INC.jpg




今回のコンセプト
構築をつくる上でどういったことをするのかは重要な視点となります。
今回は、伝説ポケモンをいかに使いやすくするかに焦点をあてました。
WCSレート上ではディアルガ・カイオーガばかり使っていて、飽きてきていたのでグラードンを最初に採用しました。

グラードンを使用するうえでネックとなる部分は何かと考えました。
自分なりの答えとしては、断崖の剣の命中不安、特殊耐久の低さ、素早さの低さ、威嚇による戦力ダウンなどですね。

そこで命中不安要素である断崖の剣を採用しないことに決めました。
また、威嚇による戦力の低下を白いハーブを持たせることで解決してみようとしました。
断崖の剣は強力な技ですが、グラードンにはサブ技として使うことができなくもない、地震をタイプ一致で使えます。
そこで地震を通しやすいようにPT内に飛行・浮遊、テレパシーなどの無効で固めることを考えました。

まず伝説ポケモンですが、浮いているポケモンは、ホウオウ、ルギア、レックウザ、イベルタルですね。
この中でシナジーが一番ありそうなのはホウオウですね。
しかし、ホウオウを入れてしまうと途端に水の一貫が生まれてしまいます。
そこで不意打ちでスカーフカイオーガを弱くできるイベルタルを採用しました。
これについてはレックウザでも良いと思いますが、ガリョウテンセイの使えないレックウザは使う気がしなかったのでイベルタルとなりました。
ここでイベルタルまで物理にしてしまうと威嚇がささりすぎてしまいます。
そこでCSメインの特殊せっかちとして採用することとしました。
デスウィングは技の効果だけをみれば、強力ですが、物理型に比べ特防の高い伝説ポケモンへのダメージが低いことは留意すべき項目です。
そこでサブ技にバークアウトを入れることにしました。
範囲技かつC252ふりであるため、こちらの特殊防御を疑似的にあげることできるので、特殊防御に不安のあるグラードンのペアとして悪くはない選択だと思います。
最後に叩き落とすか不意打ちを入れて、守るを採用して終了ですが、この時点で、叩き落とすか不意打ちは確定できません。
他の4体が決まってから強い方にしましょう。もしかしたら追い風でもいいかもですが、それなら臆病個体となりますね。

この2体で一番きついポケモンは何かを考えました。
するとガオガエンが辛いことがわかりました。
そこでガオガエンに強く、グラードンが厳しいカミツルギにも強いポケモンを選定したところ
さみしがりギャラドスにたどり着きました。
威嚇をすることで相手のガオガエンに強く出て、なおかつどのPTにも入りやすいカミツルギに強いことは非常に使い勝手が良いコマになると思ってました。

グラードンの日照りとギャラドスの水技はアンチシナジーですが、そこは気にしないことにしました。
また、ギャラドスは飛行タイプでもあるため、地震を通しやすいです。
ここが第1の条件だったため(というかこれを満たせる威嚇ポケモンはギャラドスとボーマンダしかいない)

次にこの3体で辛いのは何かを考えました。
すると避雷針ライチュウが草結びを覚えているとすべてのポケモンに打点を持たれます。
飛行タイプを多く入れてしまったため、電気技の対策は急務でした。
地震を食らわず、電気に強いポケモンといえば霊獣ボルトロスとエモンガしかいませんね。
エモンガはどう考えても弱いと思ったので霊獣ボルトロスを選択しました。
また、ここまでのポケモンの素早さがあまり高くないため、スカーフを持たせて奇襲を仕掛けるポケモンとしました。


PTの4体決まり、大詰めです。
ここまででどの伝説ポケモンが辛いかを考えました。
するとまだ、カイオーガとゼルネアスが辛い(特にモロバレル+ゼルネアスの並び)と感じました。
(ちなみに4体の時点でカイオーガの並びはつらくないので、毒タイプかツンデツンデを入れるべきでした)
これらに強いポケモンは勿論ナットレイですね。
即採用されました。

これまではこだわり鉢巻きの火力で潰していくタイプのナットレイを使っていました。
しかし、PT全体でトリル耐性がないこと、追い風をいなしづらいことを考え、守る入りのナットレイとなりました。

最後の仕上げです。
ここまで採用されていることを見かけないポケモン(ギャラドスとボルトロス)が2体も入っています。
それならPTの見た目で面白く、強そうなポケモンがいないかなと思ったらヌケニンを発見しました。

ヌケニンはゼルネアス、カイオーガを完封できる最強のポケモンです。
サイドチェンジを使う動画をみて、使われても使っても強いと思い採用しました。
シザークロスは虫食いでもいいと思います。サンルールは木の実環境だったので。


ここまでできたら最後の仕上げです。
まず持ち物を決めていきましょう。
既に決まっている白いハーブグラードン、こだわりスカーフボルトロス以外の部分ですね。

イベルタルはビビりだまで誘いやすい威嚇でSをあげてゼルネアスの上から叩き落とすを使えるようにしました。
これは実際にWCSレートに当たった際の他のプレイヤーの模倣です。
そのユーザーはゼルネアスイベルタルを使っていたのですが、そこまでまねしてしまうと面白くないためグラードンにしました。

次にギャラドスです。
ギャラドスは色々と中途半端なポケモンであるため、命中率を底上げして採用しました。
かみ砕くはストーンエッジの方が広角レンズと相まって、晴れ下でも炎タイプをにらめられます。
ゆえにストーンエッジを採用すべきでした。
ちなみに大文字にすることでHD意地っ張り突撃チョッキカミツルギを天候なしで確定で倒せます。

ナットレイに関してはゴツゴツメットを持たせたかったのですが、BPが足りず持たせられませんでした。
しっかりと準備しておくべきところでした。
そもそもナットレイはPTの完成度を上げるために不要な存在であるため、構築の段階で他のポケモンに変えておくべきでした。

ヌケニンはきあいのタスキが余っていたので採用しました。


長々と書きましたが、このPTガオガエンに崩壊してます。
地面、格闘、岩、水のどれかまたは勝気負けん気でのカウンターなどガオガエンを出すことのデメリットを付与すべきでした。
ムーンルールはガオガエンとゼルネアスガチアンチになります。

おわり。

【GS】カイオーガディアルガ+ランドロス

こんにちは。
いつの間にかシーズン12が終わりましたね。
今回は色々なPTを試してましたが最終的に使っていたPTを紹介します。

o-gadeia.jpg

カイオーガとディアルガという遅めの禁止伝説を使うことによってトリル偽造したPTです。



カイオーガ
しずくプレートで水打点を伸ばしましたが、眠り粉などの状態異常が流行っていたためラムのみでいいと思いました。

ディアルガ
チョッキを持たせることでカイオーガに強くしたポケモン。
C209は若干足りてないのでCに努力値80入れたほうがよかったですね。
時の咆哮は流星群でもいいです。
突撃チョッキバレしなければ相手はトリルのケアを考えなければならないためC2段階低下でも動けます。

ルンパッパ
火力が足りないので眼鏡にしました。
熱湯うつだけで大体仕事できます。

命の玉や王者の印で猫だましを入れてもいいのですが、大体相手にケアされているので採用しませんでした。
たまにほしくなりますが、眼鏡熱湯・草結びの安定性が勝りました。

ランドロス
グラードンに強いポケモンがほしかったので採用しました。
地震は味方を巻き込むため特殊個体としました。
地割れはヘドロ爆弾のほうがいいと思います。
ラッキーへの殺意が足りなかったため地割れにしましたが、一度も当たりませんでした。

カプ・テテフ
控えめHCベースですが、ルナアーラのシャドウレイを耐えられない悲しみを背負ったので臆病CSにして襷の方がよかったです。

ナットレイ
安定重視。
大爆発がほしい場面はありませんでした。


○○耐えのような調整はしていませんが、数値の効率が良いような努力値配分を目指してます。
例えば補正箇所には11nにしたり、HPを16n-1にしたり、B,D方面をダメージ乱数が変わらない程度にまでさげたりなど。
Sはカイオーガとディアルガが同速にならないよう調整しました。
少なくとも実数値1ずらしておいた方がダメージの入り方を計算しやすいです。

一応再掲載
カイオーガ@水のしずく
控えめ H252 B180 C76
207-x-133-198-160-110
根源の波動 熱湯 雷 守る

ディアルガ@突撃チョッキ
控えめ H252 B4 C156 D76 S20
207-x-141-209-130-113
ラスターカノン 大地の力 雷 時の咆哮

ルンパッパ@こだわりメガネ
控えめCS
156-x-90-156-120-122
草結び 冷凍ビーム 熱湯 ハイドロポンプ
猫だましを忘れてしまったため、ハイドロポンプまで消すと二度使わない恐れがあるためメガネになった経緯があります。

ランドロス@オボンのみ
控えめ H212 B4 C196 D4 S92
191-x-111-165-101-123
大地の力 草結び 地割れ 守る

カプ・テテフ@サイコシード
控えめH236 B148 C92 D4 S28
175-x-114-178-136-119
サイコショック ムーンフォース 挑発 守る
WCS2017流用個体ですが、Bにここまで降る意味ないですね。

ナットレイ@こだわり鉢巻き
勇敢HA
181-160-151-x-137-22
ジャイロボール アイアンヘッド 種爆弾 パワーウィップ
攻撃補正分倒せてたと思います。



最高レート1750ぐらい
最終レート1667
WCS全体(他のPTも使用)で72勝59敗
シーズン13もがんばりましょう。

おわり。

テーマ : ポケットモンスター ウルトラサン・ウルトラムーン
ジャンル : ゲーム

GSサンルールで使った一般枠ポケモンと感想

対象が多すぎて覚えてる範囲で書いていきます。
私的メモ感が強い。

ライチュウ@気合の襷
避雷針 臆病CS
10万ボルト 草結び 猫だまし 守る

イベルタルを採用していた時に、電気が辛くなり採用した避雷針ポケモン。
電気技だけでは地面系がきついので草結びでグラードンにも隙を見せない。
弱くはないのだが、猫だましの必要性が薄く感じ、普通に両守るなどのアンコールを全く考えていない行動をされたため、猫だましはいらない可能性がありました。
Sも110と早いのでとりあえず電気がきつくなったらいれてもいいかなというレベルには使えると思います。

ウツロイド@こだわりスカーフ
控えめCS
パワージェム ヘドロ爆弾 草結び マジカルシャイン
色々と早いポケモンをごまかそうとして初期に使っていた。
が、後々控えめだと最速90族=カイオーガ等にSが負けているため潮吹きで2ターンキルをされ解雇された。
臆病CSスカーフは普通に強いと思いますが、サイコショックが蔓延する現環境ではB方面の厳しさから敬遠されがち。
技の範囲もそれなりにあるが、スカーフだと若干火力が足りない感じ。

トリトドン@オボン
控えめ H236 B100 C60 D108 S4
大地の力 熱湯 地割れ 守る
カイオーガへの圧力をかけるためだけに採用されたポケモン。
火力がなさ過ぎてパラセクトが出ると大地の力では乾燥肌パラセクトを突破できない。
地割れはイベルタル以外の伝説ポケモンを30%の確率で倒す強力な技。
ラッキー系が流行った際にも使えるので入れておいて損はない感じ。
呼び水前提ではなくもう少しBからCにさいてB方面は威嚇で補ったほうが良いと思った。

テッカグヤ@オッカ
控えめHC
ラスターカノン エアスラッシュ 火炎放射 守る
謎のWCS2017流用個体。
守るはワイドガードと選択で使っていたが、せっかくゼルネアスを潰せるヘビーボンバーを消してまでラスターカノンを採用する意味は多分ない。エアスラッシュは草タイプが多いので非常に有効ではあった。

宿り木身代わり守るみたいなのは耐久が足りなさすぎる。

ナットレイ@こだわり鉢巻き
勇敢HA
181-160-151-x-137-22
ジャイロボール アイアンヘッド 種爆弾 パワーウィップ
勇敢にすることのメリットなどを特に考えず採用したが、威嚇などで確定数がずらされやすいので生意気想定のダメージ計算をさせて勝てる試合もいくつかあったのではないかと思う。
アイアンヘッドは遅めのピッピ等にささります。
種爆弾は潮吹きカイオーガを1ターン確実に無力化するための技です。
パワーウィップだけだと外した瞬間負けてしまう場面もあるので心に余裕がもたらされます。
生意気での調整が有名ですが、性格補正を回さなくとも実数値137あるので安心してカイオーガやゼルネアスと対峙させられるポケモンです。
叩き落とすはこだわってまで使いたい技ではないのですが、他の持ち物であれば選択肢に入ると思います。
宿り木身代わり守るは一部のポケモンに対して絶対的な優位を取りたければなくはないぐらいかなと思います。

ヤミラミ@ロゼルのみ
図太いHD b4
157-x-105-x-117-56
よこどり 重力 イカサマ にらみつける
ミラクル交換会で貰った個体がいたので育ててレートに4戦同行させました。
ヤミラミを入れると他のポケモンへの負担が大きくなりすぎるのでウルトラルールになるまでは厳しそうですね。

ツンデツンデ@防塵ゴーグル
勇敢HA D4
168-198-231-x-125-16
ジャイロボール 岩雪崩 トリックルーム ワイドガード
他にもサイドチェンジやスキルスワップなど有用な技を多数覚えるポケモン。
防塵ゴーグルがないとモロバレルとかが辛いです。
半減実は伝説の4倍を食らうとそもそも耐えないので不要です。
最近はモロバレルやナットレイが幅を利かせているので、ツンデツンデでSの違いを見せつけましょう?
カイオーガやグラードン辛いので他のポケモンで対策していないと2ターンキルもあり得ます。
重々承知しましょう。


ニドクイン@命の玉
控えめHC H252 C252 D4
197-x-107-139-106-96
大地の力 ヘドロウェーブ 手助け 守る
PTが鋼3体になった際に使用した個体。
ヘドロウェーブにすることで横のこの指とまれや襷を削れる動きはよかったです。
手助けもSが中途半端なため、悪くない感じでした。
ただ、命の玉まで持たせないと火力がたりてないのでそこらへんを考えてPT構築したほうがいいと思います。


ガオガエン@ウイのみ
意地っ張りH252 A116 B4 D100 S36
202-165-111-x-123-85
初期の頃のガオガエン

ミラー意識
H252 A116 B4 D36 S100
202-165-111-x-115-93
Dを捨てたガオガエン
今見るとHP16削ってDに16回した方が半分回復実を起動しやすいですね(4nの200になる)

85では6回中5回は負けていた威嚇のS勝負が、なんと93までふると5戦中5戦勝ちました。
ガオガエンのチキンレースの参考にどうぞ。

出されると面倒だけど、こいつ単体では草の処分と持ち物の処分ぐらいしかできないところが若干ネックでした。
カイオーガ入れてても普通に出されるのでそこら辺を選出に反映したほうがいいですね。

ズガドーン@こだわりスカーフ
控えめCS h4(奇数調整)
ビックリヘッド 火炎放射 シャドーボール トリック
ヤミラミと隣において日本晴れ+ビックリヘッドで敵を一掃したかった。
しかし、カイオーガほど火力が出ず、HPが削れて元々の耐久も低いので3戦3敗して使わなくなりました。

カプ・レヒレ
穏やか@メンタルハーブ
H252 B12 C12 D76 S156
ムーンフォース 自然の怒り 水浸し 黒い霧
使っていない脳内構築。
水浸しで草や電気を通す。
黒い霧でゼルネアスを止める。
そんなこと考えてたのかな。
多分すぐ置物になるし、水浸し後にすぐ攻撃できないと弱いですね。

ギルガルド@弱点保険
勇敢HD 
H252 A76 B36 C12 D132
シャドーボール アイアンヘッド 聖なる剣 キングシールド
あまりに弱かった。ギルガルドはこのルールに向いてない気がしました。


アローラガラガラ@イトケ等の半減実 特性:避雷針
穏やか H252 D236 S20
167-x-130-x-143-68
がむしゃら 呪い サイドチェンジ 見切り
自分でHPを削ったり、微妙に半減実で耐えながらがむしゃらで削る。
置物対策のサイドチェンジ。色々と使いづらい。
呪いの自主退場があるだけいたずら心しかない系統よりは使いやすいかも。


ユレイドル@食べ残し
穏やかH252 b4 C228 D20 S4 特性:呼び水
193-x-118-130-143-64
草結び 原始の力 まとわりつく 守る
まとわりつく暇も食べ残しで回復する暇もなかった。

同個体をチョッキに変え
草結び 大地の力 原始の力 ヘドロ爆弾
にしてカイオーガ、パルティアで波乗りするPTを作ったが火力が低すぎて波に乗ってもいまいち乗り切れてない感じであった。

ドラミドロ@ウタン 特性:適応力
172-x-111-163-143-64 控えめHC b4
ヘドロウェーブ 流星群 黒い霧 守る
物理耐久がなさすぎる。HPもっと欲しい。

コータス@もくたん 
冷静HC
噴火 日本晴れ 火炎放射 守る
晴れの強烈な日差しを提供するポケモン。
弱くはなかったけど、コータスを採用する積極的な意味を作るのが難しかった。

フェローチェ@気合の襷
陽気AS
けたぐり 毒づき とんぼ返り 守る
若干火力が足りないので意地っ張りの方が強い。
ウルトラルールになると無邪気ASで冷凍ビームもってもいいかもね。



ビビヨン@気合の襷 特性:フレンドガード
臆病CS C252 d4 S252
155-x-70-142-71-155
虫の抵抗 がむしゃら 追い風 守る
フレンドガードで横を守りつつ、場を展開。
放置すれば虫の抵抗、少し削るとがむしゃらで反撃。
バークアウトをされると辛かった。


ローブシン@ウタンのみ
意地っ張り H84 A156 b4 D252 S12
191-198-116-x-117-67
ドレインパンチ マッハパンチ 見切り ワイドガード
動画で見て使ってみるも格闘の通りが厳しく選出せず戦力外通告を受けてしまった。


シャンデラ@ナモのみ
控えめ H252 b4 C36 D212 s4
167-x-111-187-137-101
シャドーボール 火炎放射 トリックルーム 守る
トリル役といえばこいつを唐突に思い出す。
弱くはないと思うけど、ズガドーンにしない理由はほとんどトリックルームの有無しかないので必ず挑発が来る。


特殊霊獣ランドロス 控えめ@オボン
H212 B4 C196 D4 S92
191-x-111-165-101-123
大地の力 草結び 地割れ 守る
ガオガエンとグラードンに強いポケモンを探したところ該当したポケモン。
なぜか環境中にいないが、数値が高いポケモンなので普通に強いけど、技の範囲が悲しい。
Sは準速70族+1にすることで多くのグラードンの上をとれる。それだけ。


カミツルギ@気合の襷
陽気AS
リーフブレード 聖なる剣 追い風 見切り
スマートホーンや叩き落とすもほしくなるけど、追い風が一番汎用的に思いました。
聖なる剣がないと鋼がきつすぎるのでほぼ確定ですが、モロバレル等が非常につらいです。


カプ・テテフ@サイコシード
控えめH236 B148 C92 D4 S28
175-x-114-178-136-119
サイコショック ムーンフォース 気合球or挑発 守る
固いテテフだけど、シャドーレイとかは耐えてくれない。
先制技無効は非常に強いですね。
サイコショックでゼルネアスも2発で倒せて中々つよいけど、自身が鋼を呼びすぎるのでケアが大事。
カイオーガなどのパワータイプに猫だましを防ぐために採用するのも数値がある程度あるので普通に強いです。



何か当初の目的とずれている感じもするが以上で。
おわり。

テーマ : ポケットモンスター ウルトラサン・ウルトラムーン
ジャンル : ゲーム

GSサンルールで使った禁止伝説ポケモンと感想

こんにちは。自分のメモがてら使ったポケモンの配分と使用感を書いていきます。
レート1700の参考程度に。

禁止枠
・ミュウツー
サイコフィールド+サイコブレイクが強いけど、鋼やその他もろもろが増えて使いづらい印象。

使用個体
控えめ@ウイのみ H196 B4 C140 D28 S140
サイコブレイク 波動球 トリックルーム 守る
206-x-111-211-114-168
Sを最低限にまで削ることで足りない耐久を補強した感じ。
トリックルームはまず読まれないが、トリックルーム後Sが高すぎて横次第な感じ。


・カイオーガ
対策されつくしているはずだが、なぜか通る。
入れる伝説に迷えば入れておいて損はない感じ。
単体水打点は必ず入れておきたい。
ワイドガードもちがしおふきケアに必ずワイドガードを使ってくれるので非常に通ります。

控えめ@水のしずく H252 B180 C76
207-x-133-198-160-110
根源の波動 熱湯 雷 守る
S無振りなため天候どりはほぼほぼとれるし取れなければSを下げているのでトリックルームを警戒しよう。
一時期雷が波乗りだったが、さすがに波乗りでは火力不足感が否めない。


・ディアルガ
水耐性もちの鋼タイプ。ただし、フェアリーは等倍。
PTに入れるだけで挑発を呼び込むため、トリックルーム始動ではなく、こだわりメガネや突撃チョッキのフルアタッカーが強い。

控えめ@突撃チョッキ H252 B4 C156 D76 S20
207-x-141-209-130-113
ラスターカノン 大地の力 雷 時の咆哮
Cはこれ以上さげると倒せない相手が多い。
ちなみにラスターカノン2発で慎重(と思われる)カポエラーが生き残った。
D分とS分の努力値80をCに入れた236の方が1発で倒せる敵が増えそうで多分いい。
ちなみにここまで特防をあげると雨臆病CSカイオーガのしおふきで50~60ダメージぐらいにまで抑えられます。


・パルキア
S100と伝説では高めなところか、読まれづらいトリックルームを活かしたい。
カイオーガと合わせて水で押しまくるのも悪くはないが、今ルールでは草タイプが大量発生している。
さらに草タイプのほとんどがHDベースにされているため、禁止伝説の技の通りが悪くなってしまうので草を潰す枠も必要。

臆病CS@こだわりメガネ
ハイドロポンプ 亜空切断 波乗り 波動弾
周りのポケモンを乾燥肌などにすることでひたすら波乗りを押せたが、眼鏡でも押し切れなかった。


・ゼルネアス
パワフルハーブでは同速ゲームにしかならないため、持ち物で工夫することにした。

控えめ@突撃チョッキ H172 B108 C148 D76 S4
223-x-129-187-128-120
ムーンフォース マジカルシャイン 気合球 サイコショック
ここまで耐久に振る必要はないかも。
気合球で鋼をサイコショックで毒を討伐しよう。
初速からダメージを出せるため、ジオコントロールを防ぐ動きをする相手には1ターンのアドバンテージを得られ、そのまま勝てる。


・イベルタル
S99と早く、叩き落とすが一貫する今ルールではかなり強い。
だが、ダークオーラは同時に相手のガオガエンまで強化してしまうため、こちらのエスパーポケモンが使いづらくなる。
また、ゼルネアスにも隙を見せやすく、同時に採用できるポケモンは鋼系の伝説になりがち。


陽気AS@黒い眼鏡 d4 
201-183-115-135-119-166
叩き落とす バークアウト 不意打ち 守る

控えめ@ソクノ H172 B4 C180 D100 S52
223-135-116-191-131-126
デスウィング バークアウト 追い風 守る

臆病 @弱点保険
努力値:H44 B76 C4 D132 S252
実数値:207-135-125-152-135-166
バークアウト デスウィング 不意打ち 守る

さみしがり@黒い眼鏡  H172 A4 B108 D196 S28
223-167-116-151-143-123
叩き落とす 不意打ち バークアウト 守る

意地っ張り @黒い眼鏡 H172 A140 D196
223-187-115-135-143-119

意地っ張り@黒い眼鏡 H172 A228 B12 D68 S28
223-198-117-135-127-123
叩き落とす 不意打ち 追い風or範囲技 守る

なぜか色々な配分を考えていたが、どういう意図なのかわからない。
陽気ASだと火力が少し物足らないので、トリルと追い風のスイッチにして意地っ張りが使いやすいと思う。
サイコシードイベルタル自体は強いが、不意打ちが通らなくなるのであまり使い勝手はよくない。
イベルタルを使う場合はフィールドを制圧することも大事である。
デスウィングを使わなければ命の玉にする必要性は感じないほど、黒い眼鏡は優秀だった。
多分この伝説が一番配分が難しい。


・ジガルデ
陽気AS@食べ残し パーフェクト H124 A148 S236
サウザンウェーブ 竜の舞 身代わり 守る
199-139-141-×-115-159(50%フォルム)
 →残りHP+108-139-141-×-115-148(パーフェクトフォルム)

ジガルデについてはここを見たほうがいい。
パーフェクト化すれば強いのだが、パーフェクト前状態だと禁止伝説とは思えない低火力+耐久力で運用は難しい。


・ソルガレオ
技の範囲が広くS97、ワイドガードとトリックルームも使える。

意地っ張り@ナモor達人の帯 H212 A252 D44
239-207-127-x-115-117
メテオドライブ 馬鹿力 ワイドガード トリックルーム

帯をもつとH252 B4ガオガエンを馬鹿力で確定1発。特性により威嚇無効。
同調整で突撃チョッキで技を思念の頭突き、フレアドライブに変更した個体も使用。
Dが低いためチョッキ運用の場合はもう少しDに努力値をさきたい。
S無振りながらグラードンには一度もS負けせず、カイオーガS無振りはS負けしかしなかったためS+1~6程度の個体が多め?


・ネクロズマ鋼(日食)
技の範囲が狭くなったソルガレオといいたいが、特性もハードロックになり別物感が強い。
トリックルームは使えるのでソルガレオより、トリル始動には素早さ的に向いている。

勇敢@弱点保険 H252 A20 D236 S実数値75
204-198-147-133-159-75
メテオドライブ プリズムレーザー トリックルーム 守る

プリズムレーザーよりはフォトインゲイザーの方が使い勝手がいいが、プリズムレーザーは瞬間の爆発力に優れている。
どうしてもトリル指導に使いたい場合はメンタルハーブを持たせると大体トリルが通ります。




禁止伝説だけで長くなったので一般はまた今度。
おわり。


テーマ : ポケットモンスター ウルトラサン・ウルトラムーン
ジャンル : ゲーム

プロフィール

rat(黒いジャイ)

Author:rat(黒いジャイ)
ジャンルが多すぎるので、各カテゴリから適当にどうぞ。
筆者も全容を把握できていない節があります。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カレンダー
06 | 2019/07 | 08
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR